FC2ブログ

たとふれば猫かもしれず

65歳の日記 ひとりごと

「カッティング・エッジ」 ジェフリー・ディーヴァー

「カッティング・エッジ」
著 者 ジェフリー・ディーヴァー
訳 者 池田真紀子 (いけだ まきこ)
発行所 文藝春秋
2019年10月10日 第1刷


 リンカーン・ライム・シリーズ第14作。

 ニューヨークの宝飾店で殺人事件が発生。被害者は、現場となった宝飾店の店主と、その店であつらえた婚約指輪を引き取りに訪れていた年若いカップルの計三人。直後に事件を知らせる電話が市警に寄せられたが、その人物は名乗ることなくそのまま姿を消した。

 アメリア・サックスの現場検証の結果、店には多数のダイヤモンドが保管されていたにもかかわらず、数百万ドル相当の原石四つだけが現場から消えていることが判明した。また店主の遺体には拷問の痕跡があった。

 最終場面でウォッチメイカーを登場させるのだが、拍子抜けしてしまう。
スポンサーサイト



[ 2020/08/14 16:00 ] ジェフリー・ディーヴァー | TB(-) | CM(-)

8月13日 木曜日

 大仙公園へ約2時間の散歩。
 7時12分通過のパンダくろしおを見た。
[ 2020/08/13 23:00 ] 65歳の日記 | TB(-) | CM(-)

8月12日 水曜日

 大仙公園へ約2時間の散歩。
 目に花粉を感じることはなかった。昨日は川べりに生えているイネ科の草の影響だったようだ。当分川べりを歩くのは止めておこう。

 堺市駅で7時12分通過のパンダくろしおを見た。
[ 2020/08/12 23:00 ] 65歳の日記 | TB(-) | CM(-)

8月11日 火曜日

 高野大橋までの往復、約2時間の散歩。
 午前5時55分の段階で、外気温30℃。

 散歩途中で無性に目が痒くなった。家に帰って鏡を見ると目が真っ赤に充血している。特に右眼がひどい。あまりの暑さにかなり花粉が飛んでいるようだ。

 9時に八木外科。本日が最終。
[ 2020/08/11 23:00 ] 65歳の日記 | TB(-) | CM(-)

8月10日 月曜日

 上流へ向かい東除川との合流地点までの往復、2時間少々歩く。
[ 2020/08/10 23:00 ] 65歳の日記 | TB(-) | CM(-)

8月9日 日曜日

 上流へ向かい高野大橋までの往復、2時間歩く。
[ 2020/08/09 23:00 ] 65歳の日記 | TB(-) | CM(-)

「ぼくの短歌ノート」 穂村 弘

「ぼくの短歌ノート」
著 者 穂村 弘 (ほむら ひろし)
発行所 講談社
2015年6月15日 第1刷発行

よくわからないけどニ十回くらい使った紙コップをみたことがある  飯田有子

昼なのになぜ暗いかと電話あり深夜の街をさまよふ母より  栗木京子

きみに逢う以前のぼくに遭いたくて海へのバスに揺られていたり  永田和宏

おつとせい氷に眠るさいはひを我も今知るおもしろきかな  山川登美子

 「群像」誌上に連載された「現代短歌ノート」をまとめたもの。「身も蓋もない歌」とか「ハイテンションな歌」とか「賞味期限の歌」とか「繰り返し歌」とか、近現代の名作から中学生の投稿歌までテーマごとに気になる短歌が集められている。
[ 2020/08/09 16:00 ] 穂村弘 | TB(-) | CM(-)
プロフィール

きどのひつじ

Author:きどのひつじ
散歩すると猫に会う。
いつもの場所にいつもの猫がいるのだが、人間とはつかず離れずの関係を保ちつつ生きているように思われる。

最新コメント